So-net無料ブログ作成

テニススイング・相手コートに強く打つ方法とは? [ワイパースイングの打ち方]

stadium-tennis_640.jpg


■強く振るとベースラインから出てしまう




テニスの練習中に、プレイヤーが思い切り
振るとベースラインから出てしまう
時ってありませんか?


あなたも、


強く打つ=出る


と考えてはおりませんか?

思い切り振れない、強く打てない、
そう思う事でどんな
プレースタイルになるかと言いますと。


試合において、相手のボールに合わせて
コントロールで戦うことになります。



要は、ミスを防ぐために慎重に相手のコートに
ボールを入れ、チャンスとなるボール、
または相手がミスをするのを
待つばかりの試合になります。


たまに強く打てる人と対戦することになった時、
ボールをつなげては拾っては、
ようやく勝利できても試合終了後は


「次は敗北しそう」


と思ってはいませんか?

それは劣等感、いわば自分のスイングが
強く打てないと感じてるのかもしれません。


さらに、コントロールを中心にプレーを
している人からみて、相手に思いっきり
打たれることは恐いことのようです。



●逆に強く打てばいい




恐れるばかりでいて負けるくらいなら、
逆にあなたが強く打ってみることです。


相手に恐怖感を与えるプレイヤーに
なってみてはどうでしょうか?


もしかしたら、強く打っても相手のコートに
入れる自信がないのかもしれません。

が、心配はいりません。


ジュニア及びプロの選手がごく当然の
ように使っているスイングがあります。



しかも、社会人アマチュアだけが全く
知らないで使っていないのです。

それは、何だと思いますか?
テニスの経験者であれば、
名前くらいは耳にしたことがあるはずです。


そのスイングを使う事で、あなたが強く
打ったボールが相手のコートに
吸い込まれていくようになるのです。





相手コートに強く打つ方法を知る
(過去記事へ移行)





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。